岡山県笠岡って意外にグルメスポットがあります。

岡山県笠岡市は実の所マイナーにしてもメジャーにしてもグルメスポットが多いです。
例えば まだ未開拓ですが笠岡市役所食堂とかはワンコインで一般の人も入れるお店です。
笠岡ワシントンホテル内のパスタフローラも雑誌で見かけてますが、本格パスタのチェーンです。
さらに月に数回しか食べれなかった幻のラーメンが「お多津」で今は食べれるようになりました。
笠岡駅の裏にオンリーワンがあります。その横に閉店してたは図の中華料理屋のアーランが復活してました。
凄く安くてうまいと昔は有名でした。
たこ壺というソフトクリンやたこ焼きのお店があります。
こちらは おやつ系にかけては老舗で学生にも人気が高いです。
ベイファーム笠岡内にあるバイキングレストランは1200円で笠岡の郷土料理とか多彩なドリンクメニューもあるらしく一度は行ってみたいと思っています。
笠岡マルナカ内にある35年前からの喫茶店ダンは遥か昔家族で行ったきり行ってないので 久しぶりに行ってみたいです。

半年に一度の使用は、結構忘れるものである。

「はて、、なんだっけ?」いつものことながら、
自分で設定したパスワードを忘れてしまった。
毎日使うパスワードはそれなりに覚えていて
サクサク、打つことができる。
しかし、約半年前くらいから使っていないとなると覚えていないものだ。
わからない、おぼろげながらの記憶をたどって打ってみる。
エラーのオンパレードである。
あまり何回も間違えると、不審者扱いだ。
「こういう時の為に、パスワードをメモリなさいって言ったじゃない」
娘からのダメ出しの連発。
最終手段、電話でのヘルプ、これにすがるしかない。
ああやっと、新しいパスワードを設定で来たわ。
二度あることは三度も四度もあるのが私である。
こんな時の為にアナログではあるが、一枚の用紙にすべてのパスワードを
書き連ねたものを作成し、忘れないようにした。
しかし、問題が生じた。
自分で書いたパスワード、何書いているのか、解読不能。
アルファベットのエヌなのか、エムなのか?
自分で書いてわからないなんて、なさけなや。
それをそのままにして、また半年が経ってまた気ずくのだろう。
「パスワード、忘れた」こちら

映画、「ノスタルジア」のレビュー/感想です。

週末に見たDVD映画、「ノスタルジア」のレビュー/感想です。
第36回カンヌ国際映画祭創造大賞
星:★★★☆☆
ある詩人と狂人の心の交流、というよりストーリーよりも映像重視です。
いきなりクレジットロールから始まってしまうあたりから曲者の気配がします。
詩人の頭の中か、妄想か、幻想的なシーンが次々流れ込みます。台詞も詩的な感じです。
全体的に褪せたような色合いの映像です。なんというのか青みがかったような、特徴的な色彩の映画です。
物凄いスローテンポで、脈絡のない映像、詩的で良くわからない台詞が流れ込んできます。
テーマというかメッセージは良くわからなかったのですが、お酒飲んで寝そべってみてたのでそれなりに楽しめました。
なんというかゆっくり綺麗な映像が流れていく感じで疲れず心地良いです。
見終わった後、なんだか釈然とせずにいろいろ情報を漁ってみましたが、
「感じる」映画として、考えすぎずに見るのが良いみたいですね。
カンヌの「創造大賞」とっていますし、確かに全く新しい映画であったのは間違いないです。

ハラハラ、ドキドキ、九州への旅。

九州へ2泊3日の旅行に行って来ました。
いま思うと、九州へ行くのは中学校の修学旅行以来かもしれません。
九州には新幹線で行きました。
新幹線に乗るのは何回かあったのですが
一人で乗るのは今回が初めてかもしれません。
なのでドキドキでしたが、何の問題もなく乗れました。
(チケットの手配は旅行会社に手配して頂きましたが)
やってしまえば簡単なことなのですが、
数年前の自分と比べて成長したなと思いました。
駅に着いてから目的地に着くまで、いろいろ大変でした。
まず、乗り換えです。
私の住んでいるところでは乗り換えというと
同じ建物の中にあって、看板がたっているのですが、
九州では同じ建物の中になかったですし、
看板すらも立っていなかったりもします。
周りに人が居てくれないと迷うところでした。
急いで移動しないといけなかったりしたので
傘もささずに移動してたことがあって、
私が濡れるからといって、サッと傘に入れてくれた方や、
道に迷ってたときに案内して下さった方が
早道を教えて下さったり。
人の優しさが有り難かったです。
あと迷子になってたときに、
近辺の地図があるからといって
用意して渡して下さった方が居て下さったり。
本当に有り難かったです。
土地が違うと似たような土地でも
いろいろ異なってることが多々ありました。
普段、住み慣れた街で出来た思い込み。
時には必要だけれども
思い込みで行動すると危険だなということを感じました。

ベルタ酵素は口コミで悪いのが多いが、実際のところはどうなのか?

ペットボトルがペフボトルに切り替わって行きます。

東洋紡が、ペットボトルよりも高性能な新たな樹脂を生産する方針だと明かしました。
PETはペットボトルの素材のことで、ポリエチレンテレフタレートの略式名称なのですが、これに変わる樹脂としてPEFと言う素材が量産され発売されるのです。
PEFとは、ポリエチレンフラノエートで、オランダのバイオベンチャー企業と東洋紡が技術提携し開発しました。
ペフ樹脂は、気体を通しにくい性質があり内容物の長期保存が可能になり、さらに軽量化も出来ると言います。
ペットボトルはわずかに気体を通す為、内容物の酸化が避けることが出来なかったのです。
現在のペットボトルよりも酸素は10分の1しか通さない性質で、さらに原材料を全て植物由来にすることに成功しています。
製造時に二酸化炭素の排出量を減らすことが出来、将来的にはペットボトルを全面的にペフボトルに切り替えて行く予定なのです。
酸化しにくいとなれば、コーヒーの新しい容器として気体したいものです。
本格的なコーヒーブラックを入れたての感覚で飲んでみたいものですね。

ダイエットを始めるには、まず目標を決めることから始まります。

ダイエットをするためには自分がいつまでに何kg減量したいのか、具体的な目標を立てることです。

目標が決まれば、それを達成するための具体的は方法を考えます。

まずは食事制限をしましょう。

朝はシリアルと豆乳、そしてヨーグルトといった食物繊維をたくさん含む食品を摂取するようにしましょう。

太ってしまった原因は体内に老廃物がたまっていることも原因のひとつと考えられます。

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれ、朝に食べることで便通がよくなります。

またシリアルも小麦ふすまを使用されているもは1日に必要な繊維質の70%程度摂取できるので、それを毎日続けることで便秘解消につながります。

昼は炭水化物を取って1日のエネルギー源となる糖質を摂取しても大丈夫です。

そこかわり夕食は主に魚や豆腐、といったタンパク質と主にとり、炭水化物や甘い物は一切食べてはいけません。

夜は寝るだけなのでエネルギーをあまり使わないので、油を使った料理と炭水化物は天敵です。

食事制限だけでも毎日続けることで目標が達成される可能性があります。

http://酵素ダイエット.tokyo/

ブアカーオポームラックは試合だけじゃなく訓練も凄い!

K1Maxで王者にもなり魔裟斗を倒した事もある選手ブアカーオ選手は試合の面白さはもちろん、トレーニングも面白いんです。
それは彼の動画でもテレビでやってた彼のトレーニング方法を見てもわかると思います。
高いとこにぶら下がり懸垂しつつ移動してる訓練は凄いの一言です。
ビーチフラッグスで足腰とスピード訓練を養っていました。
スパーリングで、ミドルキックを速射砲のように連打していて 「ダァ!ダァ!」という掛け声から気合の入り具合が伺えました。
パンチのトレーニングも鉄アレイもってやってましたが これはかなり腕力が強くなるなと感じました。
前蹴りや膝連打など 笑ってはいけないけど思わず笑いたくなるようなトレーニングの数々にびっくりしました。
同じ修行仲間にボディーを連打してもらい、歯をくいしばる修業風景も見られます。
トップになる格闘技の天才は、やっぱりトレーニングからして違うなあと思いました。
ブアカーオ選手の試合も いつ見ても芸術品です。